XMに本人確認書類を提出して有効化する方法

XMに本人確認書類(住所確認書類と身分証明書類)を提出して有効化する方法を解説します。

XM側で書類の確認が終わり、口座が有効化されて初めて、XMでトレードできるようになります。

本人確認書類の提出は法律により義務付けられています。『本人確認書類の提出を求めてこないFX業者の方が怪しい』と考えてください。

この記事では、書類を提出して有効化する方法を解説します。
>>XM会員ページをまだお持ちでない方は、こちらの記事を参考にしてください

XMに住所確認書類や身分証明書類を提出して有効化する方法

XM会員ページに初めてログインすると、次のような表示があります。

『こちらより口座を有効化する』ボタンを押してください。

XMの口座を有効化する

上のような表示がない場合
XM会員ページの上の方にあるメニューから『口座』を選択してください。
表示されるメニューの中から『書類をアップロードする』を選択すると、有効化の手続きを進められます。

表示される画面で、身分証明書類と住所確認書類のコピーを提出します。

『身分証明書類』と『住所確認書類』について

●身分証明書類の種類(以下のうち1つを提出)

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)

【注意】フルカラーで、顔写真が入っているものを提出します。文字と顔写真が鮮明であれば、スキャナで読み取った画像でも、デジカメで撮影した画像でも構いません

●住所確認書類(以下のうち1つを提出)

  • 公共料金の請求書/明細書(名前と住所が書かれた部分。6ヶ月以内に発行されたもの)
  • 健康保険証
  • 住民票(6ヶ月以内に発行されたもの)
書類がアップロード出来ない場合
アップロード可能なファイルの最大サイズは5MBです。書類がアップロード出来ない場合は、アップロードしようとしているファイルのサイズを確認してください。

XMに身分証明書や住所確認書を提出する画面

『書類をアップロードする』ボタンを押すと、登録したメールアドレス宛にXMから以下のような確認メールが届きます。

XMからの書類提出確認メール

書類提出後、1~3営業日程度(土日を除く1~3日程度)で有効化が完了します。

有効化されると、XMから以下のようなメールが届きます。

XMからの口座開設完了および有効化完了確認メール

これでXMの有効化手続きが完了しました。

『リテール顧客』とは?
XMからのメールに書かれている『リテール顧客』というのは、『個人投資家』『小口投資家』という意味です。ほとんどの方が『リテール顧客』に分類されます。
一方、『プロ顧客』『適格取引先』とは、いわゆる『機関投資家』です。大量の取引を行うファンド運用会社などが相当します。
『リテール顧客』に分類されても、条件が不利になることは一切ありませんのでご安心ください。
3000円ボーナスをもらうには、申請が必要です。
有効化が完了すると、XM会員ページに申請の案内が表示されるので、30日以内に申請してください。
>>XM3000円ボーナスの受け取り方はこちらの記事をご覧ください
XM会員ページのパスワードは変更することができます。
>>XM会員ページのパスワード変更方法はこちらの記事で解説しています
今ならトレード資金3,000円がもらえる!

→ 最短5分!XMの口座開設はこちら

XMに本人確認書類を提出しても有効化されない場合の原因と対策

XMに本人確認書類を提出しても、却下されてしまう場合があります。却下されると、有効化もされず、トレードもできません。

以下では、却下されてしまう場合のよくある原因とその対策についてまとめます。

登録した氏名や住所が本人確認書類と違う

XMの登録フォームに氏名や住所を入力しましたよね?

その氏名や住所が、有効化する際に提出した本人確認書類と違っていると有効化できません。

特に間違えやすいのが、アルファベットで入力する部分。

自信がない場合は、『君に届け!』などの変換サービスを利用してください(変換結果に間違いがないか、必ず確認してください)。

この場合、XM会員ページの作成までは完了しているはずなので、会員ページから問い合わせをして、確認書類と同じ氏名や住所を送ってください。

問い合わせは、XM会員ページにログインして、上部にある『サポート』メニューを選択すると、メール送信フォームが表示されます。

>>XMへ問い合わせる詳しい手順はこちらを参考にしてください

電話番号を国際番号にしていない

XMは海外のFX業者です。

電話番号を登録する際、国際番号にする必要があります。

正しい入力例

電話番号が”090xxxxxxxx”である場合

XMに口座開設する際は、電話番号の最初の”0″を省略して、代わりに”+81″を付けます。

つまり、”+8190xxxxxxxx”となります。

確認書類が不鮮明

本人確認書類や住所確認書類が不鮮明な場合、有効化できません。

『文字が読み取れること』『顔写真が鮮明であること』の2点が特に重要です。

また、運転免許証を提出する場合、引っ越して表面の住所と現住所が異なる場合は、裏面も鮮明に(文字が読み取れるように)コピーしてください。

不安な場合は、スキャナや、コンビニのコピー機を使うことをお勧めします。

確認書類のファイルサイズが大きい、またはファイル形式が間違っている

XMに確認書類をアップロードする際、確認書類のファイルサイズやファイル形式が間違っていると、アップロードできません。

ファイルサイズは、最大5MBまで。

ファイル形式は、GIF、 JPG、 PNG、 PDFの4種類です。

確認書類の期限が切れている

XMに提出する書類の期限が切れていると、受け付けてもらえません。

身分証明書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード)は、有効期限内のもの。

住所確認書類は、発行日から6か月以内のもの。

書類を用意する際は、有効期限や発行日を確認してください。

タイトルとURLをコピーしました