XMのログイン方法~パスワード変更/2段階認証設定も解説~

XMでは、ログインIDとパスワードは会員ページとMT4/MT5で同じものを使用します。

では、XM会員ページやMT4/MT5にどのようにログインすればよいのでしょうか?

ログインIDやパスワードは変更できるの?

パスワードを忘れてしまった場合には?

今回の記事では、XMのログイン方法、パスワードの変更方法、そして、セキュリティを高めるための『2段階認証』の設定方法についてまとめます。

XMのログイン方法~会員ページとMT4/MT5~

XMに口座を作成すると、あなた専用の会員ページを使えるようになります(>>XMのリアル口座開設方法はこちら)。

XMでは、会員ページとMT4/MT5のログインID/パスワードは共通です。

ログインIDは、口座を作った時にXMからメールで送られて来たものを使います。

パスワードは、口座を作った時に自分で設定したものを使いましょう。

XM会員ページへのログイン方法

XM会員ページにログインするには、ログインページでIDとパスワードを入力します。

>>XM会員ページへのログインページはこちらからどうぞ

XM会員ページへのログイン画面が表示されます。

『MT4MT5 ID(リアル口座)』にはメールに書かれていたIDを入力。

『パスワード』には、ご自分で設定したパスワードを入力します。

XMの会員ページログイン

IDとパスワードを入力したら、『ログイン』ボタンを押してください。

これで、XM会員ページにログインできます。

口座への入出金もこの会員ページで行います。

>>XMの各入金方法のメリット・デメリット

>>XMから銀行出金する手順

MT4/MT5へのログイン方法

MT4/MT5を初めて開いた時には、自動的にログイン画面が表示されます。

では、ログイン画面が自動的に表示されなかったら? ログイン画面を誤って消してしまったら?

ログイン画面は簡単に表示できるので、焦る必要はありません。

MT4/MT5の上部にある『ファイル』メニューから『取引口座にログイン』を選択します。

MT4ログインメニュー

ログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力し、サーバーを選択してログインします。

MT4ログイン画面

XMログインパスワードの変更方法

XMのログインパスワードを変更する方法は2通りあります。

1つは、XM会員ページから変更する方法。

もう1つは、MT4/MT5から変更する方法です。

XMログインパスワードを『会員ページ』から変更する手順

パスワードを変更するために、XM会員ページにログインします。

>>XM会員ページはこちらからどうぞ

XM会員ページの上部にある『口座』を選択し、『パスワードの変更』を選択します。

XM会員ページのパスワード変更メニュー

『パスワードリセット』画面が表示されるので、『現在のパスワード』『新しいパスワード』『新しいパスワードの確認』を入力して『送信』ボタンを押します。

XMログインパスワード変更画面

これで、ログインパスワードを変更できました。

XMログインパスワードを『MT4/MT5』から変更する手順

MT4/MT5からXMログインパスワードを変更することもできます。

MT4/MT5にログインしたら、上部にある『ツール』メニューから『オプション』を選択します。

MT4のツールメニュー

オプション画面が表示されます。

MT4オプション画面

『サーバー』タグを選択し、『パスワード変更』ボタンを押します。

『パスワードの変更』画面が表示されます。

MT4のパスワード変更画面

『現在のパスワード』『新しいパスワード』『確認』をそれぞれ入力して、『OK』ボタンを押します。

入力に間違いがなければ、先程の『オプション』画面が再び表示されます。

これで、MT4からXMログインパスワードを変更できました。

XMのログインパスワードを忘れた場合の対処法

XMのログインパスワードを忘れた場合、専用のフォームからXMに連絡することになります。

まずはXM会員ページのログイン画面を表示しましょう。

>>XM会員ページのログイン画面はこちらからどうぞ

ログイン画面に『パスワードをお忘れですか?』と書かれているので、これを選択します。

XMのログインパスワード再発行

『パスワードをお忘れですか』という画面が表示されます。

XMのログインパスワード再発行画面

『MT4/MT5 ID』にログインIDを入力し、『Eメールアドレス』にはXMに登録してあるメールアドレスを入力します。

『送信』ボタンを押すと、XMに登録してあるメールアドレスにXMからメールが届きます。

XMからメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダも確認してください。

XMからのメールに書かれた指示に従って、ログインパスワードを変更してください。

なお、この時、『2段階認証』について入力を求められます。

2段階認証を設定していない場合は空欄で大丈夫です。

2段階認証を設定していると、他人が勝手にあなたのログインパスワードを変更してしまう危険性が低くなります。

ぜひ設定しておくことをお勧めします。

XMのログインページに2段階認証を設定する方法

『2段階認証』というのは、パスワードの他にもう一つ、ランダムな文字列などの入力を必須とすることでセキュリティを高める仕組みです。

XMの場合、ログインパスワードを変更する際に、この2段階認証を求めるよう設定できます。

具体的には、XM会員ページへのログイン画面からパスワードを変更する際に、2段階認証を求めるように設定できます。

XMのログインパスワード再発行

上図の『パスワードをお忘れですか?』の機能を使用する際に、2段階認証を求めるように設定できます。

XMで2段階認証を設定する手順

XMで2段階認証を設定するために、会員ページにログインします。

>>XM会員ページへはこちらからどうぞ

XM会員ページの上部にある『口座』メニューを選択し、さらに『2段階認証』を選択します。

XMの2段階認証メニュー

2段階認証を設定する画面が表示されます。

XMの2段階認証選択画面

XMでは2段階認証のために『セキュリティ質問』と『OTP認証』の2種類が用意されています。

『セキュリティ質問』は、特定の質問と、その質問に対する答えを設定する認証方法。

『OTP認証』は、2段階認証専用のソフトウェア(アプリ)を使用して、ワンタイムパスワードを発行する方法。

セキュリティ効果が高いのは、『OTP認証』です。

『セキュリティ質問』は、質問のパターンが限られているため、あなたのことを知っている人(または、何らかの方法であなたの個人情報を入手した人)なら突破してしまう可能性があります。

『OTP認証』をするには専用のアプリを使う必要がありますが、より高いセキュリティを実現するために、『OTP認証』で2段階認証を設定することをお勧めします。

OTP認証で2段階認証の設定をする手順

XM会員ページの『2段階認証機能』で『OTP認証』を選択すると、2段階認証用のコードが表示されます。

2段階認証のOTP設定画面

次に、2段階認証用のアプリを用意します。Googleが公開している”Google Authenticator”というスマートフォン用アプリを使用します。

>>Android用Google Authenticatorはこちら

>>iOS用Google Authenticatorはこちら

アプリをインストールして起動したら、アプリ画面の上部に表示されている『+』を押します。

次に、先程表示させたXM会員ページの2段階認証用コード(文字列でもQRコードでも、どちらでも可)を入力します。

2段階認証用のコードを入力すると、6桁の数字が表示されます。この数字を、XM会員ページの『コードを入力』に入力して、『有効にする』ボタンを押します。

これで、XMのログインパスワード変更時に2段階認証を求めるよう設定できました。

タイトルとURLをコピーしました