XMはゼロカットシステムで追証無し!残高マイナスでも安心だけど悪用は厳禁!

海外FX業者であるXMには、日本のFX業者にはない『ゼロカットシステム』があります。

ゼロカットシステムとは、相場の急変などで口座残高がマイナスになってもXMが補填して、残高をリセットしてくれるシステムのこと。追証が発生しないのでトレーダーは安心して取引ができます。

ただし、ゼロカットシステムの悪用は禁止です。XMから「悪質だ」と判定されたら、口座を強制閉鎖されてしまうかもしれません。

では、XMのゼロカットシステムについて、利用条件や注意点を解説します。

XMのゼロカットシステム(追証無しの残高リセット)とは?

XMのゼロカットシステムは、相場急変などで口座残高がマイナスになってしまった場合に、そのマイナス分をXMが補填して残高をリセットしてくれるシステムです。

相場があまりにも急変してしまいロスカットが間に合わなかった場合に適用されます。

XMがゼロカットシステムを適用した実績

2015年に『スイスフランショック』と呼ばれる大急変が発生しました。あまりの大急変だったためにロスカットされず、口座残高がマイナスになってしまったトレーダーが多数、発生しました。

国内FX業者を利用していたFXトレーダーたちには追証が発生し、中には訴訟にまで発展してしまったケースもありました。

一方、XMは速やかにゼロカットシステムを発動し、口座残高がマイナスになってしまったトレーダーたちの残高をリセットして救済しました。

XMがゼロカットシステムを採用する理由

ではなぜ、XMは自社が不利益を被ってまでゼロカットシステムを採用するのでしょうか?

XMの主要な収入源はトレード手数料です。XMでトレードしてくれるトレーダーが減ってしまうとXMが困るのです。

XMは手数料収入を得続けるため、トレーダーを保護するためにゼロカットシステムを採用しています。

もちろん、XMも営利企業ですので無限に補填してくれるわけではありません。『悪質』と判断したら容赦なく口座の強制閉鎖を行う可能性もあります。

【参考】XMの口座凍結の条件

XMのゼロカットシステム利用で悪質と判断されるケースは?

XMから『悪質』と判断されるのは『利用規約に違反している場合』『あまりに多くゼロカットシステムを利用している場合』です。

利用規約に違反している場合

以下のケースに当てはまる場合、XMから『悪質』と判断され、ゼロカットシステムは適用されません。

  • 複数口座を利用した両建て
  • 異なるFX業者間を利用した両建て
  • アービトラージ取引

これらは、ゼロカットシステムの利用にかかわらず規約違反と判定されます。再び口座を作ることもできなくなってしまう可能性があるので注意してください。

あまりに多くゼロカットシステムを利用している場合

ゼロカットシステムをあまりに多く利用しているとXMに判定されると、マイナス残高を補填して残高リセットしてもらえないだけでなく、口座を強制閉鎖されてしまう可能性があります。

よくあるケースは『経済指標の発表直前などにポジションを持ち、口座残高がマイナスになった』というケースです。

つまり、相場が大きく動きそうなときに、「ゼロカットシステムがあるから」とポジションを持ち、結果失敗し、何度もゼロカットシステムのお世話になっているような場合です。

XMのゼロカットシステムは、スイスフランショックの時のような急変時に口座残高がマイナスになってしまったトレーダーを救済するためのシステムです。

そもそもトレードがあまり上手でない方は、まずはデモ口座で練習してみてはいかがでしょうか?

【参考】XMのデモ口座の作成方法

XMのゼロカットシステムの利用条件は?

XMのゼロカットシステムは、XMのリアル口座利用者であれば誰でも利用できます(【参考】XMのリアル口座開設方法)。

ゼロカットシステムを利用する条件は以下の通りです。

  • 口座残高がマイナスであること
  • 他の口座がプラスでないこと

口座残高がマイナスであること

まず、トレードしている口座の残高がマイナスであることが条件です。

見落としがちなのが『クレジット残高』。

口座残高がマイナスであっても、クレジットの残高で補填できる場合は、まずはクレジット残高から差し引かれます。クレジット残高だけで補填できる場合はゼロカットシステムは利用できません。

なお、『クレジット』とはXMの各種ボーナスのことです(【参考】XMのボーナスについて)。

他の口座の残高がプラスでないこと

XMでは一人で計8口座まで保有できます(【参考】XMの追加口座の作り方)。

1つの口座がマイナス残高になっても、他の口座との合計残高がプラスになればゼロカットシステムは利用できません。

含み益についても同様です。もしも口座残高がマイナスになっても、含み益のあるポジションがあるならゼロカットシステムは利用できません。

XMのゼロカットシステムの利用手順

上記で解説したXMのゼロカットシステムの利用条件を満たした場合、いよいよゼロカットシステムを利用できます。

XMのゼロカットシステムの利用手順は以下の通りです。

  1. XMの口座残高がマイナスになる
  2. クレジット残高によって残高が補填される
  3. 残高がマイナスになった口座に最低入金額(1万円)以上を入金する
  4. 自動的にゼロカットシステムが適用される

1. XMの口座残高がマイナスになる

XMに保有しているすべての口座の残高を合計してもマイナスになっていることが条件です。

2. クレジット残高によって残高が補填される

各種ボーナスで貯まっていたクレジット残高でまずは補填されます。クレジット残高のみで補填が完了したらゼロカットシステムは利用できません。

3. 残高がマイナスになった口座に最低入金額(1万円)以上を入金する

XMに最低入金額である1万円以上を入金しましょう。

もしもXMポイントが残っている場合、『換金』して口座残高とすることも可能です。この場合、必ず『現金』に換金してください(【参考】XMポイントについて)。

4. 自動的にゼロカットシステムが適用される

3までの手順を完了すると、自動的にゼロカットシステムが適用され、XMの口座残高が補填され残高がリセットされます。

すぐに適用される場合もありますし、多少の時間を要する場合もあります。

XMのゼロカットシステム利用でボーナスはどうなる?

XMの口座残高がマイナスになると、ゼロカットシステムが適用される前に、まずはクレジット(ボーナス)残高で補填されます。

クレジット(ボーナス)残高のみで補填可能な場合はゼロカットシステムは適用されません。

クレジット(ボーナス)残高のみでは補填しきれない場合はゼロカットシステムが適用されます。

『口座残高がマイナスになった場合は、まずはクレジット(ボーナス)残高で補填される』と覚えておくと良いでしょう。

→ XMに口座開設する!(公式サイト)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました