XMでは両建て禁止?バレるとどうなる?

XMでは、基本的に両建ては禁止されていません。

ただし、禁止されている両建てと禁止されていない両建てがあるので注意が必要です。

禁止されている両建てをしてしまうと、バレたらペナルティを課されてしまいます。

一方で、XMでは、両建てしている間は証拠金がゼロになるというメリットもあります。

今回の記事では、XMで禁止されている/禁止されていない両建てについて、両建てで証拠金が不要になることについて、そして両建てがバレるとどうなるかについて解説します。

XMでは両建ては禁止されていません

XMでは、禁止されている両建てと、禁止されていない両建てがあります。

多くのトレーダーは、両建ての禁止事項に抵触することはないはずです。

ですが、「うっかりして」抵触してしまう場合があります。

では、禁止されていない両建てと、禁止されている両建てについて見ていきましょう。

XMで禁止されていない両建て

XMで禁止されていない両建ては、『同一口座内での両建て』です。

同一口座内であれば、雇用統計などの指標発表時の両建ても禁止されていませんので、堂々と行うことができます。

米国雇用統計などのレートが大きく動く可能性のある指標発表時に上手に両建てすれば、効率よく資金を増やせるかもしれません。

ただし、あくまでも『資金を増やせる可能性が高くなる』という話であって、『必ず勝てる』という話ではありませんのでご注意ください。

XMで禁止されている両建て

では、XMで両建てが禁止されているのはどのような場合なのでしょう?

具体的には、次の両建てが禁止されています。

  • 異なる口座間での両建て
  • 異業者間での両建て

つまり、許可されている『同一口座内での両建て』以外は禁止されています。

詳しく見ていきましょう。

異なる口座間での両建て

XMでは、1アカウント8口座まで保有できます。

例えば、1アカウントで2つの口座を保有して、一方の口座でドル円を買い、他方の口座でドル円を売った場合、禁止事項に抵触します。

また、異なる口座間で異なる通貨ペアを両建てした場合も、禁止事項に抵触する場合があります。

つまり、例えば一方の口座でユーロ円を買い、他方の口座でユーロドルを売った場合、「同一通貨をヘッジした」と見なされ、禁止事項に抵触します。

>>XMに複数口座を追加する方法はこちらで解説しています

異業者間での両建て

例えば、XMでドル円を買い、異業者でドル円を売った場合、両建ての禁止事項に抵触します。

「他の業者で持っているポジションなんて、バレないでしょ?」とお思いかもしれませんが、これが案外バレるのです。

日本のFX業者でも以前、『アービトラージ』という手法が流行った時、業者間で協力して取り締まりが行われました。

異業者間での両建てはバレる、と思っていた方が良いでしょう。

XMで両建てする際に気を付けたいこと

XMでは、異なる口座間での両建ては禁止されています。

別々の口座でポジションを持っていても、管理をしっかりしていれば、禁止事項に抵触することは無いはずです。

ですが、「うっかりして」禁止事項に抵触してしまうことがあります。

それは、自動売買をしている場合です。

例として、次の場合を考えてみましょう。

口座A:裁量トレード用
口座B:自動売買用

口座Aでドル円の買いポジションを持ったとします。

その買いポジションを保有している時に、口座Bで自動売買システムがドル円の売りポジションを持ったとします。

これで、XMの両建て禁止事項『異なる口座間での両建て』に抵触してしまいます。

XMで幾つかの口座を使ってトレードする場合は、各口座で現在保有しているポジションはもちろん、これから保有する可能性のあるポジションについても管理を怠らないようにしてください。

XMでは両建ての証拠金がゼロ

両建てでは、売りと買いの2つのポジションを同時に保有します。

一般的には、売りと買いのそれぞれのポジションに対して証拠金が必要になります。

ところが、XMでは、『両建てをしている間は』証拠金が不要になるのです。

この『両建てで証拠金が不要になる』ことを上手に利用すれば、有利にトレードできるかもしれません。

両建て手法1:指標トレード

XMでは、雇用統計などの指標発表時の両建ては禁止されていません。

指標発表前に両建てでポジションを持ちます。XMでは両建ての証拠金はゼロなので、上手く利用しましょう。

指標発表後、適切なタイミングで含み損となっているポジションを損切りします。

残ったポジションを、適切なタイミングで利益確定します。

この『適切なタイミング』が大変難しいので、誰にでもお勧めできる手法ではありません。

「このようなやり方も考えられる」という程度に捉えてください。

両建て手法2:塩漬け

トレードをしていて、含み損を抱えてしまうことはよくあることです。

含み損を抱えてしまった場合、そのポジションに対して反対売買をして両建てにすると、それ以上、証拠金が減りません。

このように両建てにしている間に新しいポジションを建て、利益を積み重ねていくことで、最終的に含み損を解消できるかもしれません。

無闇に損切りするよりも、両建てにした方が、損失を小さく出来る可能性が高くなります。

もっとも、そのためには、含み損の分を取り返せる実力が必要になるのを忘れないでください。

>>XMでは無料のウェビナーでFXのトレード手法を学べます

両建ての証拠金はゼロ。でも、注意が必要

XMでは両建ての証拠金はゼロです。ですが、これはあくまでも「両建てしている間」の話です。

両建てで保有している2つのポジションの一方だけを決済した場合、残ったもう一方に対して証拠金が必要になります。

『証拠金がゼロ』であることを利用して大きなポジションを持つ場合は、決済時、証拠金維持率に注意してください。

両建てポジションを一つ一つ個別に決済すると、証拠金不足でロスカットされてしまうかもしれません。

XMでの両建て、バレるとどうなる?

XMでは、以下の両建ては禁止されています。

  • 異なる口座間での両建て
  • 異業者間での両建て

では、これらの『禁止されている両建て』がバレると、どうなってしまうのでしょうか?

最悪の場合、口座を強制閉鎖されてしまいます。

XMでの両建ては、同一口座内であれば許可されています。しかも、両建て時の証拠金はゼロです。

禁止事項に気を付けて上手に利用すれば、XMでの両建ては有効で便利な手法です(お勧めしているわけではありません)。

くれぐれも、禁止事項に抵触するようなトレードはしないようにお気を付けください。

XMでの両建て~まとめ~

XMでは、同一口座内での両建ては禁止されていません。

さらに、両建てをしている間は証拠金がゼロになります。

ただし、両建てしている2つのポジションの一方だけを決済してしまうと、他方のポジションに証拠金が必要になります。証拠金維持率に気をつけてください。

XMで禁止されている両建ては次の場合です。

  • 異なる口座間での両建て
  • 異業者間での両建て

これらの両建てがバレると、口座を強制閉鎖されてしまう可能性もあるのでお気を付けください。

タイトルとURLをコピーしました