XMで追加口座を複数登録する方法~運用時の注意点も解説~

XMでは、追加口座を登録して1人8つまで口座を保有できます。

追加口座を登録する際には、書類の提出は不要。XM会員ページにある申請フォームに入力して送信すれば、1分程度で登録できます。

>>XM会員ページはこちら

追加口座を複数登録して、例えば、1つは短期トレード用、もう1つは中長期トレード用、もう1つは自動売買用などと使い分ければ、短期トレード中に誤って中長期用ポジションや自動売買用ポジションを決済してしまうこともなくなります。

今回の記事では、XMに追加口座を登録する方法について解説します。

XMに追加口座を複数登録する

XMに追加口座を登録するために、まずは会員ページに行きましょう。

>>XM会員ページはこちらからどうぞ

XM会員ページにXM追加口座申請ボタンボタンがありますので、これを押します。

追加口座の申請フォームが表示されます。

xmに追加口座を申請するフォーム

各項目に入力して、間違いがないことを確認したら、緑のボタンを押してください。

登録してあるメールアドレス宛に、XMからメールが届きます。

新規で口座を作成した時と同じようにIDやサーバー名が書かれています。これらのIDやサーバー名、そして登録したパスワードを使って、追加口座でトレードを開始できます。

同じ方法で、追加口座を複数(最大8つまで)保有することができます。

XMからのメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダも確認してください。

XMで複数の追加口座を運用する際の注意点

XMで複数の追加口座を登録して運用する際に、注意しなければいけない点があります。

最悪の場合、口座を強制閉鎖されてしまいますのでご注意ください。

複数口座間で反対売買をしてはいけない

XM、およびほとんどの海外FX業者では、複数口座間での反対売買を禁止しています。

例えば、次の例のようなトレードは禁止です。

  • 口座Aでドル円の買いポジションを持つ
  • 口座Bでドル円の売りポジションを持つ

このように、同じ通貨を複数の口座間で反対売買すると、規約違反となり、最悪の場合、口座を強制閉鎖されてしまいます。

この『複数口座間での反対売買』については、以下の記事で更に詳しく解説していますので、追加口座を利用する際にはぜひご参考ください。

>>XMでの複数口座間の反対売買について

資金移動に注意

追加口座を作成したあと、既存の口座から追加口座に資金を移動する際に、注意しなければいけない点があります。

既存の口座で貯めたボーナスについてです。

資金を移動させた際、ボーナスも一緒に移動します。

ただし、資金の移動先が『Zero口座』や『ボーナスの受け取りを拒否した口座』であった場合、資金を移動した瞬間にボーナスも消滅してしまいます。

資金移動の際には、移動先の口座の種類に注意してください。

>>ボーナス全般について、こちらの記事で詳しく解説しています

使っていない口座に資金を残さないようにしよう

XMでは、口座を90日以上放置すると、口座が休眠・凍結されてしまいます。

もしも休眠指定された場合、口座に残高が残っていると、手数料がとられてしまいます。

何らかの理由で追加口座を作ったけれど、もう使わないという場合は、残金を別の口座に移してください。

なお、口座に残金がなければ、90日以上の放置で、手数料をとられること無く口座は強制閉鎖されます。

>>口座の休眠・凍結についてはこちらの記事でも詳しく解説しています

XMでの追加口座の複数登録について~まとめ~

XMでは、1人8つまで口座を保有することができます。

追加口座の登録申請は専用のフォームに入力して送信するだけ。新たに書類を提出する必要はありません。

簡単に追加できる半面、その利用には注意が必要です。

  • 複数口座間での反対売買
  • 複数口座間での資金移動
  • 使用していない口座の残金

これらに注意して、追加口座を運用してください。

タイトルとURLをコピーしました