XM(海外FX)の税金の計算方法と経費について

XM(海外FX)で利益を得た場合、税金はどのくらいになるのでしょうか?

今回の記事では、XM(海外FX)で利益を得た場合の税金の計算方法を解説します。

また、XM(海外FX)で認められる経費や、確定申告しなくてもばれないかどうかについても解説します。

XM(海外FX)の税金の計算方法

XM(海外FX)の税金は、雑所得です。国内FXとは異なります。

この雑所得の税率は、以下の表のとおりです

年間利益税率控除額
195万円以下5%0円
~330万円以下10%97,500円
~695万円20%427,500円
~900万円23%636,000円
~1,800万円33%1,536,000円
~4,000万円40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

この表の『年間利益』は、「必要経費を差し引いた金額」です。

年間利益が331万円の場合の税金計算例(『控除額』を使わずに計算)

XM(海外FX)による年間利益が331万円だったとします(正確には、年間利益から必要経費を差し引いた金額が331万円だったとします)。

この場合の税金を計算すると、以下のようになります。

まず、『195万円以下』の部分の税金を計算します。上記の表の『税率』を見ると、5%です。

195万円×5%=97,500円

次に、330万円までの分の税金を計算します。上記の表の『税率』を見ると、10%です。

(330万円-195万円)×10%=135,000円

次に、331万円までの分の税金を計算します。上記の表の『税率』を見ると、20%です。

(331万円-330万円)×20%=2,000円

ここまで計算した税金を合計します。

97,500円+135,000円+2,000円=234,500円

この23万4,500円が、XM(海外FX)の年間利益331万円にかかる税金です。

今回は、『XM(海外FX)以外の所得』『生命保険控除などの控除額』『復興特別所得税』などは考慮しておりません。最終的な税額は各個人の状況により異なりますので、ここでは『XM(海外FX)の税金のみ』とさせていただきます。

年間利益が331万円の場合の税金計算例(『控除額』を使って計算)

実際には、上記表の『控除額』を使ってもっと簡単に計算できます。

331万円(年間利益)×20%(税率)-427,500円(控除額)=234,500円

『控除額』を使わずに計算した場合と同じ金額になりました。

XM(海外FX)ではどこまでが経費になる?

XM(海外FX)では、どこまでが経費として認められるのでしょうか?

まず、基本的な考え方は、『その経費はXM(海外FX)で利益を得るために必要かどうか』です。

この考え方に従うと、次のものが経費として考えられます。

  • パソコン(および周辺機器)
  • 通信費
  • FXセミナーやFX関連書籍
  • 事務所や自宅の家賃(自宅の家賃は『案分(あんぶん)』します。つまり、一部しか認められません)

その他にも、あなたが「この経費はXM(海外FX)で利益を得るために必要だった」と税務署員を納得させられるなら、経費にして大丈夫です。

XM(海外FX)の税金は申告しなくてもばれない?

結論から書きますと、ばれます。

例えば、XM(海外FX)に入金するために銀行振込やクレジットカード振り込みなどをした時点で、「XM(海外FX業者)に入金した」という履歴が残ります。

入金履歴があるのに出金履歴が無ければ、怪しまれます。もちろん、トレードで利益を出せなかった場合もあるでしょう。その場合は、税務署員に質問されたらトレード履歴を見せて説明しましょう。

他にも、XM(海外FX業者)を使ってトレード利益を出して、その利益を日本の銀行に出金した場合も銀行に履歴が残りますので、ばれます。

クレジットカードを使って入出金をしても、履歴が残るので、ばれます。

さらに、日本の税務署は世界の様々な国と連携して日本人のお金の流れを終えるシステムを構築していますので(租税条約等に基づく情報交換)、入出金で税務署員の目を偶然逃れられても、いずれはばれます。

いずれにしても、XM(海外FX)で利益を出したら、きちんと確定申告して税金を納めた方が安心です。

ある日突然、税務署から連絡が来て、過去何年分にも及ぶ追徴課税を払わされることになりますよ。

今ならトレード資金3,000円がもらえる!

→ 最短5分!XMの口座開設はこちら

こちらの記事もどうぞ
>>XMの新規口座登録方法
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました